銀座 古書の市

例年、松屋銀座にて開催される「銀座 古書の市」のお知らせブログです。

「第34回銀座古書の市」は、明日からです。

いよいよ、明日17日(水)より、「第34回銀座古書の市」が始まります。

本日は、会場の設置です。

みなさま、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 会期:1月17日(水)~22日(月) ※最終日は17時まで

 場所:松屋銀座 8階イベントスクエア

 

f:id:ginzakosho:20180116155844j:plain

いつかのニッポン【公文堂書店】

f:id:ginzakosho:20180107121523j:plain

「This is Japan」は朝日新聞社より1954 年から 1971年まで毎年発行された海外向けグラフ誌です。日本の文化、教育、生活、文学、芸術、産業、建築、観光案内、さまざまな事柄が英文で紹介されています。今回はこのうち14冊を会場に持参いたします。
記事だけでなく多くの企業広告も見逃すことはできません。業種、デザイン、時代性、高度経済成長と重なるこの十七年の変遷をたどることも可能です。断片で見るもよし、流れを追うもよし、とても興味深いものとなっています。

 

f:id:ginzakosho:20180115155804j:plain

f:id:ginzakosho:20180115151032j:plain

f:id:ginzakosho:20180115151540j:plain

f:id:ginzakosho:20180115151355j:plain

7世松本幸四郎 押隈「紅葉狩」

昭和5年12月・京都南座顔見世興行の時のものです。

南座新装開場一周年記念」と、明治45年6月・同座での「幸四郎襲名」として
 上演して以来 の「20年振り」という触れ込みでした。

 

「夢さめて 秋の夜長の 鐘の声」という自筆の句があります。

 
 約335×880ミリ 署名・落款 額装
 

 

f:id:ginzakosho:20180114173854j:plain

f:id:ginzakosho:20180114173923j:plain

【やすだ書店】「だあしぇんか」が会場へ。 チャペック作/秦一郎訳「仔犬の生ひ立ち」 佐藤春夫序文

f:id:ginzakosho:20180106002054j:plain

昭和9年 昭和書房 背と本体裏に少痛・シミ

誰かの思い出お売りします【公文堂書店】

明治から昭和にかけて、場所も職も年齢もばらばらの、さまざまな写真とアルバムを会場で販売します。宴あり、仮装あり、婚礼あり、晴れ着あり、従軍あり、学校生活あり、かつての街なみ乗りもの風俗。いくつもの視点からお楽しみいただけます。

f:id:ginzakosho:20180109153027j:plain

 

f:id:ginzakosho:20180109154503j:plain

 

f:id:ginzakosho:20180109155813j:plain

皆様のご来場をお待ち申し上げております。

会場出品商品のご案内 【徳尾書店】

f:id:ginzakosho:20180109224359j:plain

f:id:ginzakosho:20180109224232j:plain

 少年探偵 江戸川乱歩全集 全23巻 光文社 BDバッジ引換券も3冊についています。

是非会場にて直接ご覧ください。
皆様のご来場をお待ちしております。